紺の日記

反抗期息子と仕事と家庭の両立が出来ないダラダラシングルママの日々

今月は子供と家を飛び出した記念

タイトルの通りですが、今月は家を飛び出した記念すべき月です。 

11年たったかな? 思う事は、

離婚して良かった(※´Д` ※)

この言葉に尽きる。

今回は、離婚の話を少ししてみようかと…。

 

f:id:konmama:20170121202833p:image

結婚生活たったの5年

モラハラ、DV、不倫 

 DVはボコボコにされるとかじゃないからDVと言っていいかわからないけど最後は流血して縫ったしDVとしてます。元旦那は不倫と最後の流血騒動が1番の原因だと思ってると思うけど、私的にはモラハラが1番の原因で不倫なんかそんなにたいした問題ではなかった…気持ちもだいぶ冷めてましたし。流血騒動に関しては、離婚が決まった後の事だしね…。

楽しい思い出はないかなぁ…思い出せないσ(^_^;)

私の結婚生活は5年で短いですが、苦痛でしかなかったので家を飛び出した日から今までが幸せです。

モラハラ夫だったので話し合いなんか出来ないと思って調停離婚しました。

離婚が成立したのはもう少し先の話です。

 

不便を感じた事

  もう一人大人が欲しいと思った事はあります。引っ越しや模様替えの時と背が低いので電球の交換の時、遠出したい時の車の運転誰かしてぇぇと思った時ぐらいです(笑)

 息子の茜が小さい時は仕事が遅くまであったり、病気になったりと大変でしたが、小学校2年ぐらいまで実家に住んでいた事と、実家の近くに引っ越ししたので何度も助けてもらいました。 小学校の高学年になると自分の家で自由にしたいらしく実家に行かなくなり、好き放題して(-_-;)心配でしたが何とか無事に中3まで育ってくれました。

 反抗期息子が大暴れした時は男親がいたらもう少しマシだったのかなぁとか思った事もありますが、元旦那の事ではなくて、ごく一般的な父親、って意味で、元旦那を求めた訳ではありません。

不便な事もあったけど、コレといって問題無いです😄

後悔は一度もありません。 茜には申し訳ないと思った事もあったけど、時々会う方が良い所しか見えないから逆に良かったんじゃないかと思います。お陰で父親の事はキライではなさそうです。

もう3年ほど会ってませんが…。 

 

離婚後の恋愛

離婚して少し経ってから彼氏みたい?な人が出来ました。彼氏と言っていいのか?あまりデートもしなかったし…。子連れで会う気はなかったので、夜二人で会う(当時実家に住んでいました)か、どこか遊びに行く時は子供も連れて行きたかったのでお互いの友達も連れて大勢でいったりしてました。

初めて保育園に行った時も泣かなかった茜が、夜私が出かける時泣くんです。 段々そこまでして出かける意味が分からなくなり、出かけるのがアホらしくなり気持ちも冷めて、彼とは終わりました。

その後もデートしてみたり、交際を申し込まれたりありましたが、なんと無くそんな気持ちになれなくて今にいたります。

  離婚してから、私は、再婚を考えた事は一度もありません。 生活は裕福ではないし、毎月ギリギリ。前職で社員からパートに降ろされても次の仕事が見つかるまですぐに辞めれなかったし、この1年は塾代に追われ貯金も無くなってしまいました。

それでも、再婚したいと思った事はありません。

子供と二人が1番楽チンだからです(๑•̀ㅂ•́)و

旦那という他人は私にとって良い存在ではなくて…悪く言うと…言いにくいのですが…思いきっていいます邪魔です(-_-;) 仕事が増えるだけだし。それに男を見る目もないのでまた同じ様な事を繰り返しそうです。 

今の生活に他人が入る隙間はないですし…そもそも必要としてません。

思う存分ダラダラ出来るし✨

なのでこのままが1番いいです(※´Д` ※)

 

 f:id:konmama:20170122015434p:image

 

経済的苦痛or精神的苦痛?

離婚をするか悩んでいる時、蔑まれたような生活がいつまで続くのか不安だったし、この辛い時期涙が止まらなかったりしてました。

そんな時、読んでいた離婚の本だったか離婚の事をやってたテレビだったかで胸に刺さった言葉

離婚を考えるなら・・・

"経済的苦痛か精神的苦痛か?どちらを選ぶか"

経済的苦痛を選んだら離婚。 精神的苦痛を選んだら離婚しない。とのこと。

私は即答で経済的苦痛をえらびました。

私の決意が決まるきっかけの1つになりました。

経済的に余裕がある方もいますが大体の母子家庭が経済的に苦しいのでこう言う究極の選択がしっくりきました。

こんな精神状態は子育て環境として最悪だし、家庭環境も最悪。  

離婚は、経済的に苦しくなるかもしれないけど、私はこの苦痛から逃れる事が出来る。

そう思いました。

世のシンママは、資格を取ったりスキルアップの為にいろいろと頑張っていると思いますが、私は何も身にならなかったので11年経った今も何もありません…。コレが1番の反省点です。

今年は茜が高校生になり、お金がかかると言うのに…(꒪⌓꒪) 家計は火の車です。

それでもあの頃には戻りたくありません。 

 

*DVなど危険な環境にいる人は究極の選択して悩んでる場合じゃないのであてはまりません

 

最後に

周到な準備をして離婚する予定だったけど、流血しちゃったんでそのまま飛び出してバタバタでした(^_^;)  (なんか大袈裟ですが、ちょっと切っただけです)

 家族が支えてくれて、本当に恵まれてました。

 

手続きなどは丁寧に説明しているブログなどあるので調べたら直ぐわかると思うけど、それ以外の事で養育費や面会、調停の時の事などの反省点など覚えている事を、今度じっくり書いていこうと思います。  たまたま私のブログを読んだ悩める人のお役に立てれば幸いです。

 

長くなってしまったけど最後まで読んでいただきありがとうございます(*´∇`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年にやりたい事

今更ですが、今年初のブログ更新です。

今年は反抗期息子が高校生になります。昨年同様息子に苦悩するバカ母を綴っていきます(笑)

 

今週のお題「2017年にやりたいこと」

今回は初めてお題に挑戦してみました。

まず、このブログについて

  1. ブログの、タイトルを適当に決めたのでちゃんと考える…始めて半年近く経ってるので今更感もありますが…。
  2. はてなproにしてみたい…proにしてる方が、沢山いました。 ブログタイトルすら放置同然で言えた口じゃないけど、いろいろカスタマイズしてみたいなぁ(※´Д` ※)   ムフフ?
  3.   2の続きになるけど、独自ドメインに憧れる…(するよ!と言い切れない意志の弱さ)

私自身について

今年も基本ダラダラするんですが…

  1. もっとダラダラ出来る様に「夕飯の作り置き」を頑張る(๑•̀ㅂ•́)و✧  出来た時は凄く楽だったけど中々続かないので(・・;)
  2. ラップにハマってる息子のラップを聞くのが日課になっている昨今…時にうざいが、もう少し暖かい気持ちで聞いてあげよう…。
  3. 我が家は散らかり放題orz   綺麗にしていくぞぉ(๑•̀ㅂ•́)و✧
  4. 年始からウォーキング始めました(๑•̀ㅂ•́)و✧ 昨日はお休みしたけど目標体重に行くまで続けたいと思います。

 

 

ダラダラシンママの紺と、反抗期息子の茜くんネタが多いですが

今年もよろしくお願いします。

m( _ _ )mm( _ _ )m

 

 

 

中3反抗期息子に過去彼女がいた事で色々考えてみた

前回の中3反抗期息子に彼女が… - 紺の日記で過去に彼女がいた事がわかり、冷静になってみると、初体験は“いつか”ではなくて近い将来にある、という事…(;´Д`A

いろいろ心配してきました。

 

その時。どうするんだ‼︎

下ネタも堂々と私に言ってくる茜くんは、いつだったか、「コンドーム無しとかあり得んだろ」と言っていたから必要性は分かっている模様。

しかし‼︎

いざその時が来たら持ってるのか?

事前に自分で買うのか? 

も…もしや私が用意しとくのか? 

ほっとけばいいのか?

ど…どうしたらぁぁ( *д*)

なんてこった。好きになってくれる人がいたと喜んでいる場合じゃなかった…心配すぎる(꒪⌓꒪)

 

ちょっと想像してみた

  1. 「そろそろ持っておくか」ってなって自分で買う⁈  うーん( ̄・ω・ ̄)…無いな。
  2. 高校生ぐらいになったら、「サイフに入れときなさい」とか言って渡す…私的には確実でこれがいいけど…男子的にどうなのよ。嫌よね?
  3. ほっとく…1番心配(「*Д*)「  

 

2番がいいかな…もらってくれなくても買うキッカケになるかもしれない…

それか…私の妹に頼んでみるか。私が渡すより素直にもらってくれそう(。-_-。)

  (妹は、下ネタ全開でも嫌らしさがなく茜くんと意気投合してます(^_^;))

 

初めての時、男子は、みんなどうしてるんだろ?? 

うちの子そろそろかなって思った男子の親はどうしてるんだろ?

謎は深まるばかり…

 

自分の子供が男だと実感した年末でした(笑)

 

 

中3反抗期息子に彼女が…

今年はXmas出来ないかな?と思っていたけど、25日の夜は茜くんがいたのでピザ作って、Xmasらしくしようかな?と思って準備してたら、妹親子も来ることになり、例年通り4人でXmasが出来ました。

 

我が妹よ。グッジョブ∑d(≧▽≦*)

私の妹は、下ネタでも男女の事でも清々しいぐらいオープンなんです。 いやらしさがなく、下ネタ好きの茜くんの心を掴みます(笑)

紺家も、時々下ネタトークはするけど、親子なのである程度言わない事もありますが、妹がいると…茜くんは、普段ナカナカ教えてくれない事もポロポロと言ってくれます。

今まで頑として言わなかった彼女問題。普段好きな子とかいるの?って聞いても教えてくれないし、機嫌が悪くなる時もあります。 なのでみんなで集まった時にドサクサに紛れて聞くしかないんですが、ナカナカ口を割らなかった…(;´Д`A

今回もドサクサに紛れて聞いてみたら…な、なんと白状しました✨

夏頃に彼女がいた、と(//∇//)キャー

妹がすかさず質問攻めΣ (⁰ ⌂⁰;)

 妹ょそれ以上聞かないでくれ。

 息子ょ素直に答えるな。

なんだかこっちが恥ずかしいではないか(〃ω〃)

 

最後はフラれてしまったらしい…。

 

なんだか嬉しい様な、恥ずかしい様な…

いつもオレ様な我が子の事を好きになってくれる人がいた事に少しホッとしたし、普段あまり感動とかしなさそうな我が子が、少しの間でも人を好きになったりドキドキしたのかと思うと、普通の人が持つ感情があったんだと安心しました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと愚痴りたい。

私にはママ友と呼べる様な人はいませんが、唯一ママ友?と言っていいのかよくわからない人がいますf^_^;

 

まず紹介します

同じ職場のAさん。

Aさんとは前の職場も一緒で子供も同級生なので長い付き合いです。更に同じシングルマザー。子供は2人。下の子が男の子(b君)で茜くんと同級生で学区が同じなので小学校から一緒です。さらにかなりの優等生です(上の姉も) 。塾も行ってないのに学年順位は凄く前の方です。通知表は、4が少しでほとんど5。…なんて羨ましい✨ 子供が2人なので高校卒業後は大学進学はせず、就職の予定で姉は工業高校 に行っていて下の弟も同じ高校に行く予定です。

 本当に優等生で、真逆の茜くんには、爪の垢でも煎じて飲ませてやりたいぐらいです😅

逆の立場なら私も自慢したいくらいの成績ですから✨同じ職場なので毎日顔を合わせるし、テスト前後はいろいろ話をするので、中々成績が上がらないし、焦りとか羨ましいなぁとか、もちろんあります。それだけならまだ良いんですが、時々ちょっと違った自慢と言うか…。ん?馬鹿にしてるのかな?と思う様な事がちょいちょいありまして、ずっと溜まっていたのかもしれません…。

そんな中巻き起こった事です。

 

 

我が子もそうですけど⁉︎の巻

職場の上司の息子さんも、同い年だそうで平均点以下の成績だったそうです。中学3年になるぐらいから塾に行き出し…(茜くんみたいな流れですね。)今は、平均点以上で、上位にいるとの事。なんて羨ましい✨

上司がいなくなってから

紺「いいなぁ✨成績上がって」(※´Д` ※)

と羨んでいたら…

Aさん「中3から勉強始めても間に合うんだね〜」

…( ´꒳` )?

なんか…不愉快なんだけど??

私のただの被害妄想??

 

 

我が子も塾頑張って行ってますけど?の巻

茜くんは塾に行っているものの、成績が上がったと思ったら、2学期末の時点であまり変わらないという結果で、Aさんにもそういう話をしてます。

「中々上がらないんだよねぇぇ」と言う感じで。

b君の友達の話ですが、b君並に勉強出来ます。学校が終わったら家に帰らず、毎日そのまま塾に行ってるそうです。この前の期末テストの結果が2人とも合計点が同じだったそうで

Aさん「この事は、その子のお母さんには言えないね」♪(´ε` )

紺「なんで?」←なんとなくわかったけども…聞いてみた

Aさん「毎日頑張って塾行ってるのに、大して勉強してないbと同じ点数だなんて(笑)可哀想すぎて言えないでしょアッハハハ」ꉂꉂ(ᵔᗜᵔ*)   

…Σ (⁰ ⌂⁰;)⁉︎

聞いた私が悪いのか⁈

その後も何度も同じ様な話が繰り返された…。

 

馬鹿にされてる気がしてならんΣ(-᷅_-᷄๑)  

 

私達の事も今までずっと心の中でそう思ってたのかも…と思ったら不信感が止まらない (-᷅_-᷄๑)  ムムム

 

他にもまだまだ

Aさんはこういう事結構あって、

他の人の事を馬鹿にした話をしてくるんだけど、『私もそうだとこの前いったよね?』って思う事あるのよね…orz  それ以上聞きたくないから、早々に「私もそうだよ」って言ってそれ以上言わせないんだけど…。 こういうのも結構しんどいorz

 

結構お世話になってるし、良いところもあるから、今までは、ただの無神経な人だと思う様にしてました。

今回ばかりは…根に持ちますよ(๑•ૅㅁ•๑) 何度も何度も…( *`ω´)

 

 

塾の送迎が大変な事やテスト前は朝から塾に缶詰め状態の時 など知ってるはず! 毎日職場で子供の話をするんだから、知らないはずもない。

大概の事は笑い飛ばせる紺ですが、今回の事は笑えんかった(-᷅_-᷄๑)

その日以来嫌な所が目に付くったらしょうがない‼︎

これだけ続くとただの無神経では片付けられません。これからは話をするのは良い事だけにしようと思いました。

 

最後に…。

授業をしっかり聞いて宿題してるだけで成績上位を保つ事が出来るなんて…メチャメチャ経済的で羨ましすぎですが(笑) 家庭の事情もあってかなりレベルを落として高校を決めています。実は茜くんが

もう進路決めなきゃの時期じゃんっ‼️ - 紺の日記

で言っていた工業高校が姉が行っていてbくんが行く予定の高校なんです。

担任の先生に工業を勧められたと聞いた時はなんとか阻止したいという思いを我慢して話し合いをしたものです。これで一緒だったらまた3年続く事になってました。ずっとこんな感じで優等生話を聞いていたけど、今は特に笑えないので、茜くんが別の進路を選んでくれて良かった(*´ω`*)と、心から思いました。

 

 

もうすぐXmas 。我が子がサンタを疑い始めた時の事

今年のXmasは、普通の日になりそうです。

24日は、茜くんは朝から3つ塾の授業をとっているので昼食の為にお昼一回送迎したらそのまま夜までいません。

25日は夜の塾はないけど、家にいるのかな?ケーキはいらないらしい…寂しいものだ?

毎年妹親子とXmas会をしていたけど、今年は、別々になりそうです。

f:id:konmama:20161217173650j:image

 

サンタを信じなくなったのはいつ頃ですか?

私は結構メルヘンな子供だったので高学年ぐらいまでサンタさんはいるかもしれない✨赤ちゃんだって不思議な現象で妊娠するし性教育を受けた上での考えです…不思議な力で精子卵子と結び付く、と)世の中には不思議な事が本当にあるんだ✨…と、まぁこんなめでたい子供でした。 

 

サンタを疑い始める

茜くんが小学2年生の時。

私の腰の両サイド辺りをギュっと握り

茜「サンタはママなんでしょ?」

 「トイザらスで買ってきてるんでしょ?」

と。目をキラキラ✨させて聞いてきました。興奮してるのか、服が伸びる…。

夜は早くから爆睡して朝まで起きない茜くんにバレるはずがない! 世間知らずの可愛らしい茜くんが言う言葉とは思えず、びっくりしました(゚д゚lll)

紺「誰が言ってたの?」ドキドキ

茜「〇〇君の家とか〇〇君の家は、パパが買ってきて夜プレゼントを置くんだってっ。そうなの?✨」

紺脳内(…(꒪⌓꒪) なんてこった )

可愛らしい茜くんのクリックリッの目がキラキラと私に注がれていました。 

   服が伸びる…。

 

 一瞬言葉に詰まったけど、

紺「え⁉︎〇〇君達はサンタさん来なかったの⁉︎何かやらかしてまだサンタさんが許してくれないのかな?だからお父さんが置いたんだよ、きっと!  茜くんは、何かやらかしてもちゃんと反省するし、可愛いから←関係ないけど)本物のサンタさんが来てるんじゃない? 今までプレゼント置いた事ないよ」

と、なんとかかわしました。

 ✳︎このお友達は、いつも茜くんと一緒に何かしらやらかして、当時から怒られる時は大体一緒でした? 悪友と言うか…今では良い友達です✨

 

サンタを疑う年齢が早くないか?と。まさかの質問でちゃんと対抗策を打ってなかったのでドキドキしました。  お友達の家族はバレちゃったんですね…。

小学生になると今まで以上に行動範囲が広くなるので、上級生の兄や姉がいたり、沢山の友達が出来たりいろいろ情報が入ってくるんだなぁと。来年からどうやってかわしていくか…。

 

次の年のXmasシーズン到来。

またしても腰の両サイドを握り

茜「ママなんでしょ! もうみんな知ってるんだから!本当の事教えて✨」

去年と同じように何とかしてかわそうと同じような事を言って誤魔化していました。

茜「本当に?本当に?」(ˊo̶̶̷ᴗo̶̶̷`)✨

しつこく聞いてくる茜くん…

紺(※´Д` ※)キラキラしてる。可愛い?

でも服が伸びる…。

   サンタからのプレゼントを喜んでいたのに…?その後もしつこくて服が伸びそうです(笑)

茜「もうわかってるんだから!みんな言ってるもん」「ママでしょ」「お願い。本当の事教えてぇ✨」

段々こんなに真実を知りたがっているのに嘘を付く…サンタを信じ込ませる意味があるのか? このまま数年疑い続けるのはいかがなものか? 

 

私もそうでした。メルヘンな子供だったけど、白黒ハッキリしたいタイプだったからサンタを少しでも疑い始めてから凄くしつこく母に聞いていた(茜くん並みだけど、母の服は伸ばしてない) 今なら母の気持ちもわかるし茜くんの気持ちもわかるし…そこで私は母と同じ決断をしました。

 

小3。少し大人になる

紺「本当の事言うね。どんな結果でも大丈夫?」

茜「うん! ママなんでしょ」

紺「そうだよ。」さらっと

茜 一瞬時が止まって「やっぱり!そうだったんだ!」

と言う事で、この後質問責めでした((⌯˃̶᷄₎₃₍˂̶᷄ ॣ) 

何処に隠していたか? 何処でかったのか?等 なんで欲しい物がわかったのか? 多分、全部答えたと思います。

この日から4歳下従妹には内緒にしないといけないので、男と男の約束です。(男は茜くんしかいないので相手は私で当然女ですが、そんな雰囲気って事で)

紺「サンタの秘密を知ったからには守らなければいけない事があるよ」

茜 ✨

紺「サンタの事を信じている子に秘密を言ったらダメだよ。言っていいのはお母さんかお父さんだけ。 守れるね? だから従妹には秘密だよ」

茜「わかった。」(`_´)ゞ

 

茜くんは、イタズラ好きの子供だったけど、毎年Xmasを一緒に過ごしていた従妹には、私達の前でバラしそうなフリとかしてだけど?

一度もバラしませんでした。

 

 少し大人になった時の表情

一瞬止まった表情は今でも忘れられません(笑)複雑な表情で面白かったです。ショックと真実が聞けた嬉しさ?の様な…。

いろいろな表情が一瞬で混ざった顔…一生忘れないと思います。時々思い出しニヤニヤしてしまいます。

 

こんな適当な母で申し訳ないと思ったけど、これはこれで良かった(๑•̀ㅂ•́)✨

茜くんは口が硬い男だとわかったし(笑)

 

日々生意気で時々キレますがorz

可愛い茜くんは今も健在です✨

 

良いXmasを( •ॢᴗ•ॢ⋈)

 

 

 

 

なんとか志望校決まりました…?

先週何とか中学校から私立高校の推薦がもらえました。  とりあえず、ホッとしましたf^_^;

 ↓↓↓この記事の続編です。

konmama.hatenablog.com

 

中々決まらない志望校

今学期の成績が私立高校を決める大切な時期でした。 茜くんも頑張って塾に缶詰め状態だったけど、期末テストは散々で塾に行った意味があるのかわからない程でした。

 

締め切りは、12月6日。 この日までに先生にOKをもらい推薦の申し込みを完了させてその後の三者面談で推薦貰えるかがわかります。

この少し前に開催した進路説明会での話を思い出し私立高校を、視野に入れ探し出し、資料請求して…塾の進路面談もあったのでそこで私立高校の情報を聞いて…

段々私だけ忙しい気がしてきましたorz

茜くんは他人事みたいになってたので、私だけ突っ走ってたΣ(゚д゚lll)と反省。

とりあえず茜くんと暇さえあれば高校の話をしました。後は茜くん自身が自分で調べて決める事!という事で少し様子み…は、出来ず(笑)居ても立っても居られずさぐりを入れて時々今の気持ちを聞いたりしてました。おかげで、いろいろ悩んでるんだなぁとわかり少しホッとしました。

そんなある日

茜「決めた!」

そんなこんなでやっと決まりました(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

希望通りにはならない現実

高校卒業後は進学を考えているので大学付属の高校で尚且つその大学の進学コース(理系)を希望してました。

志望校を決めた茜くんは先生に意思を伝え、申し込み用紙をもらって記入し、12月5日提出。 

12月6日16:00締め切り

同日18:00紺帰宅。

茜くんから一言…「付属大学進学コースは、無理らしい」

紺( ̄・ω・ ̄)?

茜「その下の大学進学コースになった」

紺((((;゚Д゚))))))) 「それ…文系だぞ」

茜「マジ…?  俺もう嫌だ…。行きたくない」

※付属大学は理系大学で大学進学コースは文系大学を狙うコースなのです。

紺( *`ω´)イラッ

紺家に数秒沈黙が流れ…

紺「これが現実。結果が出せなかったんだからこうなるのはしょうがない。これが今の実力で今までの結果」「同じ後悔や悔しい思いをしたくなければ高校3年間どうすればいいか、わかるでしょ?」

茜「…。」

と、少し冷たく言ってしまいました。あんなに頑張っていたのに結果が出なくて悔しいやら腹が立つやら…最後に行きたくないとか、この怒りのような気持ちが抑えても抑えても収まりきらず…。一番悔しいのは本人だし、つらいのも本人だと分かっているんだけど…ね…。 そう言う気持ちから出た「行きたくない」だったのかなと今なら思えるんだけど、この時は、腹たちまくりでした。

 

それでも茜くんなりに頑張っていたので入学後コース変更出来るかググりまくって調べました。

結果、成績さえ良ければ出来るらしい(口コミだけど´д` ;)。それに途中で付属大学とは、違う道を希望するかもしれない。「自分次第で進みたい道にいけるから、何とでもなりそうだよ。大丈夫。」とこんな事を話したら少しやる気がでたのか、少し声が明るくなり「頑張る(๑•̀ㅂ•́)و✧」と。持ち直しました。

 

最後に

紺家の地域は、公立高校が優勢で私立高校は滑り止めだったりします。(勿論レベルが高くて上を目指すような所もあります。) 

今回の進路選択は、茜くんにとって少し辛い経験でした。まさかの公立普通科難しいぞ事件Σ (⁰ ⌂⁰;)またまたまさかの付属大学進学コース無理だぞ事件…orz

いつも人任せで文句ばかりの茜くん。進路だけは自分で決めないと将来後悔すると思いいろいろな選択肢の中から調べさせ、その中で志望高校の評判を見て愕然としたり、(偏差値的には、下の方なので悪く書かれていたりします。)それでも何とか踏ん張って自分で決めた進路。そんな経験が茜くんにとって良い方向へ向かう事を願います(*´꒳`*)